みか日記

土佐日記的なね、女に仮託はしてないけどね。

そして誰もいなくなった

最後まで読んで、なんだこんなものか、と思った。ミステリーの金字塔のような扱いをされているくせに、こんなものか、と。こんなトリック今まで散々見てきたじゃあないか。

汚い風呂のお湯をぶくぶくさせながら気がつく。違う、こんなもんじゃあないんだ、だってわたし、気がつかなかったじゃない。確かに不自然だったのに、ヒントはいくらでもあったのに、馬鹿な登場人物たちめ、なんて思っていた。わたしもうまく誤魔化されて騙されていたのに。するすると騙されてするすると飲み込んで、そして誰もいなくなったのに。

 

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)